メニュー

ポイント

テクニック

バス釣りのコツ

ルアー

タックル

バスの習性

バス釣り用語集

サイトマップ

コンタクト

バス釣り


BassFishingを始める前に・・・

バス釣り


BASS-ANGLERS.COMではなかなかバスが釣れない人やバス釣りが好きで好きでたまらない人の為のバス釣りのテクニックやコツ、マナー等、バス釣りに関する様々な情報を配信します。

まず、湖や池、川等にバス釣り行く際にはポイントには早る気持ち抑えて絶対に静かに近づいて下さい。
足音を立ててバタバタ近づこうもんならバスは人の気配を感じて逃げてしまいます。
そして「値段の高いルアーだから」や「ここの場所は絶対このルアー」というふうに決めつけずになかなか反応が無いときは、こまめにルアーをチェンジしましょう。
水温、気温、気圧などによって釣り場の条件はコロコロと変化していきます。
現在は様々なタイプのルアーがあるので、色々と試して、いろんなレンジ(水の中の層)を探ってみることがバス釣り上達への近道です。
とりあえず、ゲーリーヤマモトの3インチのセンコーをノーシンカーで投げてれば釣れると思います。(私はセンコー が1番実績があります)
こまめにポイントを移動しよう!!
なかなかバス反応が無いのに、1つの場所で粘り強く頑張っている人をよく見かけますが、非常に効率が悪いです。(私はそういうタイプです)

粘りたい気持ちをグッと堪えて最初の15分くらいで反応を見てポイントを変えるようにしましょう。
バスが反応してくるのを待つよりも、釣りやすいバスがいる場所へこちらから出向く方が釣果は上がるはずです。
バスを釣りたければ足で稼ぎましょう!!
バスの生態を知り、バスの居場所を推測しよう!!
このWebサイトの中にも書いてありますが、最も大切な事はブラックバスを知ることです。
物事は全て相手の立場になって考えることです。
小さい頃から教えられたと思いますが、自分がやられて嫌なことは相手(バス)にはやらないようにしましょう。

自分がもしバスだったとしたら「この時期はこの池の、こういう場所に居たい」
という事さえ解れば、後はそこにマッチしたルアーを投げるだけです。
その為には、多少の知識とバス釣りの経験を重ねることが大事です。
フィールドの底の地形を把握しよう!!
減水している時に、なるべく見える範囲の底の地形をチェックしましょう。
バスは底などの地形の変化している場所に着く習性があるので、これを知っておくことで水が増えた時には、減水時に地形の変化があった部分を重点的に攻めることが出来ます。
また、減水していなくても、ボトムを引きずるルアーで
その感触を覚えておくことも重要です。
オカッパリの場合は最初の一投目は、岸際を狙って見よう!!
季節にもよりますが、オカッパリの場合 最初の一投目は岸までズカズカ歩いていって遠投するよりも
岸からだいぶ離れた位置から岸際を狙ってみましょ う。
岸際には、バスが好んで身を寄せたくなる場所がたくさんあります。
バスは意外と岸際の水深が浅い所に潜んでいることが多いです。

リトリーブ゙はなるべく好ポイントを長く見せる巻き方をしよう!!
バスを釣る際に、「ここがポイントだ」って思う場所を【点】で攻めるのではなく
「ここからここまでがポイントだ」って思う場所を【線】で攻めるようにしましょう。
そうすることにより、バスに対して長くアピールすることが出来ます。
正確なキャストを身に付けよう!!
ある程度のキャストの正確性は、最低限の必要な技術です。
バスの居場所を推測し、その読みが当たっていたとしてもキャストしたルアーを木の枝に引っ掛けたりしてその場を荒らすようでは、なかなか釣りになりません。
ある程度の正確なキャストを身に付けることは上達への近道と言えるでしょう。
バス釣り関係のブログ、DVDビデオなどを参考にしよう!!
私も昔は、バスプロのビデオなどの少しクセのあるしゃべり方や態度の大きさ等が気になってあまり好んで見ようとは思いませんでしたが、ある日 友達の家で見たビデオのテクニックを試したり自分流にアレンジする事で確実に上達し、バス釣りの釣果が上がったのを覚えています。
やはり、使える技術は貪欲に盗むことが大事です。
捨て駒をいつも用意しておこう!!
「捨て駒」、いわゆる無くしても惜しくないルアーをいつも用意しておくようにしましょう。
バス釣りは結構根がかりなどでルアーをロストしやすい釣りです。

値段も高く、愛着のあるルアーでは、なかなか攻めたいポイントの奥の奥に滑り込ませるのは、躊躇してしまいがちです(特におかっぱりでは)
そんな時は、無くしても諦めがつくルアー(実績のある安すぎないもの)で果敢に攻めましょう。
バスは、ルアーが着水したあともう少し奥という所についています。
「バスが釣れたとき」「釣れなかったとき」の違いを自分なりに考えよう!!
バスが確実に存在する同じフィールドで 「バスが釣れるとき」と「釣れないとき」があるというのは明らかに様々な条件が異なるためです。
この条件の違いが何なのかを一つずつ自分なりに分析していくこともバス釣りを上達するには欠かせない努力といえます。


TOP