メニュー

ポイント

テクニック

バス釣りのコツ

ルアー

タックル

バスの習性

バス釣り用語集

サイトマップ

コンタクト

バス釣り


【バスフィッシング入門~最新テクニック】

クランクベイト

バス釣りの定番テクニック
1.ミッドストローリング(通称:ミドスト)


ミノー系やチューブ系のワームを軽めのジグヘッドに装着して、中層をシェイクしながら一定層をリトリーブする釣り方。ロッドのしなやかな先端を利用したシェイクでラインスラック(ラインのたるみ)をわざと造りながら、沈まぬよう、浮かぬようにゆっくりとリールを巻きます。
ラインを張った状態で行ってしまうとワームが不自然なカーブフォールをしたり、突然ありえないスピードで動いたりしてしまい、バイトチャンスを逃してしまいがち。
ラインを緩めた状態を常にキープすることによってワームの不規則なアクションを演出します。
実際に試してみても、なかなか難しいのは「本当に思い通りのアクションをルアーが行っているか」の確認です。ラインスラッグを利用したアクションなだけに、ある程度の遠投が必要で足元で確認する事ができません。
友達の足元にキャストして、岸際をリトリーブして目視での確認をしてもらうのが良いでしょう。
また、「本当に狙ったレンジを平行にトレースできているか」も、フラットボトムのポイントでボトムを感じるギリギリのリトリーブで確認してみましょう。
標準的な1/16オンス・5ポンドフロロラインでも、予想以上に表層を漂っている事が多く、正確に狙ったレンジキープを身に付ける事が、この「ミドスト」のキモとも言えます。
【ミドストに最適なタックル】

ミドスト
TOP