メニュー

ポイント

テクニック

バス釣りのコツ

ルアー

タックル

バスの習性

バス釣り用語集

サイトマップ

コンタクト

バス釣り



タックル紹介

はじめてバス釣りをされる方はどんな竿やリールを使って釣りをすればいいのか分からない事だらけだと思います。
プロのショップや釣具屋(上州屋等)に行って店員に聞いて選ぶのも一つの手段ですが
中には高い物や半腐り品(売れ残りの)を勧めてくる店員も少なくありません。
身近に教えてくれる先生がいるのなら良いのですが、自分で勉強して選ぶ方が愛着を持って大事に使う事が出来ると思います。


ロッド
(釣り竿)

わかり難いロッドのパワーとアクションについて説明しよう。
パワーとはロッドの硬さであって投げられるルアー重量の目安。つまり、パワーのあるロッドは、より重いルアーを投げられビッグバスにより対応できるという こと。柔らかい方から UL(ウルトラライト)、L(ライト)、ML(ミディアムライト)、M(ミディアム)、MH(ミディアムヘビー)、H(ヘビー)となる。
       ロッド
アクションとはロッドの曲がり具合を指す。上からファーストテーパー、ミディアム(レギュラー)テーパー、スローテーパー、パラボリックと呼ぶ。ファース トテーパーは先調子のロッドで感度はいいけどロングキャストがしずらい。ワーム釣りに適している。ミディアムテーパーはいわゆるオールマイティー的なアク ション。スローテーパーはファーストムービング系やトップウォーター系に適している。パラボリックは主にトップオンリーとなる。
但し、パワーもアクションも各メーカーによってマチマチであって適用ルアーも違ってくる。

ロッド素材
グラスはカーボンに比べ強度がある。カーボンロッドはカーボン含有率が高ければ高いほど高価になる。ちなみにボロンは強度、硬度ともカーボンより優れるが高価で重くなるのが弱点。
「乗りのグラスと感度のカーボン」と言われ、例えば、シャローでの速い釣り(スピナベなど)ではグラス+PEラインが適す。アシなどのヘビーカバーではカーボン+ナイロンラインが適す。

ブレーキ
ベイトリールのブレーキはマグネット式と遠心式が知られる。マグネットブレーキは、釣り中、ブレーキ調整が瞬時にできる。昔はピッチングなどの手返しの釣 りではルアーが失速し不向きだったが、最近の最新リールでは全く問題なし。楽々こなせる。初心者向き。遠心ブレーキのリールはスプールの高回転さを売りと し、事実、ルアーの飛距離はマグネット式より上。

ハイギアとローギア

ベイトリールの場合、バイブレーションの速引きやルアーの回収スピードを速くしたい時にハイギア。ローギアは引き抵抗が大きいディープ・クランキングに最適だが、他はハイギアで事足りる。

バックラッシュ の直し方
スプールを指で押さえメカニカルブレーキを締め、ゆっくりラインを巻く(スプール1、2回転)。次にクラッチをフリーにしてラインを引っ張り出す。直るまでこれの繰り返し。それでも直らなかったら指でラインをつまんで地道に直すしかない。

ライン
リールにラインをたくさん巻くとルアーはよく飛ぶがトラブルが多くなる。巻量は8割前後がいい。十分なテンションをかけて巻く。

ライン素材
同じ太さの場合、ナイロンとフロロカーボンならナイロンの方が強度がある。ナイロンは水を吸って劣化するがそれでもフロロカーボンより強度がある。フロロ カーボンの利点はナイロンより若干摩擦に強く伸びが少なく水に沈みやすく感度がいい。そして色が透明。PEはナイロンの約2倍の強度がある。水に浮きしな やかで癖がつかない。同じポンド数なら一番細いから一番ルアーが飛ぶ。又、伸びがないので感度がよくフッキングもいい。超ディープでも攻められる。弱点 は、結び目の強度が弱いこととルアーやブッシュに絡まり易い。

ライン

人間の場合、最も見え難いのはフロロカーボンの透明だけど魚からはどう見えているのかはわからない。たぶん、見えてるでしょうね~。それでもオススメは透明。色付き迷彩系はより魚にバレている。

ワームカラー
      ワームカラー

夏~秋のターンオーバー時に強い。
特にクリアウォーターに強い。ウォーターメロン、アボカド、アユ etc.
オールマイティー。パンプキン etc.
緑、茶と同じくナチュラル系の代表。スモークも含む。
マッディウォーターに強い。パールホワイト、ワカサギ、グロー etc.
ザリガニ色を意識した昔からの基本カラー。

レッドヘッド

シーバス釣りでも定番のレッドヘッド(赤/白)カラーは、もちろん、バスも釣れる。何故、釣れる? 一説では頭の赤色の部分が魚のエラの色に似ていて魚の闘争心をあおってるという。他にもこれ以上に単純なルアーカラーは多くあるけれど、昔から目につく印 象に残るカラーはレッドヘッドが一番だと思う。

塩入ワーム

塩で比重バランスが良く動きがいい。この利点の他に塩味がある。バスにとって塩味は「しょっぱい」ではなく、捕食するベイトフィッシュの味だそうだ。だか ら、一度くわえたらすぐには吐き出さない(魚はニセモノの餌をすぐに吐き出す能力がある)。食感がよいのだ。当然、釣れるチャンスが多い。欠点はモロいこ と。

オンス とグラムの関係
(1オンス≒28.35g 基準)

1/32 oz 0.89 g
1/16 oz 1.8 g
1/8 oz 3.5 g
3/16 oz 5.0 g
1/4 oz 7.1 g
3/8 oz 10.7 g
1/2 oz 14.2 g
5/8 oz 17.7 g
3/4 oz 21.3 g

サングラスは絶対にすべし(偏光サングラス

ある時ある野池でブッシュにワームを絡ましてしまい外そうと力まかせに引いたらフックが飛んできて腕に深く刺さった経験がある。血が出るわ痛いわでビック リしました。たまたまラインも結節も強力でフックが折れて飛んできたんです。もし、これが目であったらと思うと ぞっと します。水中観察用としてが一番ではなく安全意識でサングラスは必ずかけよう!

レンズカラー

水中を見易くする「偏光」サングラスはサイトフィッシング(見えバス釣り)に非常に有効。但し、ロッドと同様、レンズカラーは状況によって使い分ける必要がある。

天気/水質 クリアウォーター マディウォーター
晴天 グリーン ブラウン
雨天
薄暗い時
薄グリーン イエロー 薄ブラウン 薄グリーン

深場を攻める時は薄ブラウン、薄グリーン、イエローが適す。つまり、状況や視点が明るい場合は濃い色を、暗い場合はクリア系(可視光線透過率が高い)の色を選ぼう!尚、オールマイティーというカラーは、たぶん、ない。

正しい選択

ぐにゃぐにゃのスピニングロッドでばかでかいディープクランクを投げている人などをたまに見かける。投げ方やスタイルを見るからに、たぶん、それは間違いでしょう。そのルアーに合ったタックル(特にロッド)は自分で絶対研究し選択すること。

釣具釣り具選び
例えばバスロッド。経年劣化で徐々に性能は下がる。しかし、この度合いはシビアなトーナメント用でない限り趣味の釣りでは全くと言っていいほど影響しな い。最近のロッドは安かろうが高かろうが折れない限り相当年数使える。性能も値段相応で平均的。となれば、予算が許す限り、最初から自分の好み(形、カ ラー、スペック)で買った方が良い。ミーハーでバスプロ・プロデュースのブランド的ロッドを買っても全然間違ってはいない。最初からお気に入りのものを使って所有欲を満たし大事に使っていく方が断然良い。「初心者のうちは適当に安いモノで練習し、壊れるまで使えばいいという」考えは昨今のもったいないというエコイメージもあるし、あまり好きではない。



TOP