メニュー

ポイント

テクニック

バス釣りのコツ

ルアー

タックル

バスの習性

バス釣り用語集

サイトマップ

コンタクト

バス釣り

 

バス釣りテクニック

フッキング

ライトリグのアワセ方にスイープなフッキングというのがある。これは、フックごとワームをバスに飲まれないための必然テクニック。やり方は、バイトがあったら決してあわてずロッドを横にして、引いてる引いてると思ったら、ゆっくり軽くロッドに力を加えるだけでいい。要するに、向こうアワセ。フッキングする時の力の加減は違うけど、トップウォーターのアワセに似てますね。毎回フックを飲まれて嫌な思いをしてる人は是非とも身につけるべし。出来なければバーブレスフックを使うことぐらいはしてちょうだい。

ハードルアーのフック(トリプル)改造術。バーブレスフックは当然で、更に、3つの針先を気持ち外側に広げてみよう。ヒット率が上がる。そして、根がかり時、広げた分からフックがのびてルアー回収率も高くなる。

ミッドストローリング(通称:ミドスト)

ミノー系、チューブ系のワームを軽めのジグヘッドに装着して、中層をシェイクしながら一定層をリトリーブする釣り方。

マジメに

リグる時。ワームはきっちり真っ直ぐフックにSETする。でないと、ワームがクルクル回っちゃって、本来の動きをしない。糸ヨレの原因にも。

決めどこ


シャロー(浅場)を攻める。ポイント的に攻めやすいし、バスがいるかいないか発見しやすい。又、バスはベイトを逃げ場のないシャローに追いつめる。ベイトを追い回す狂った様子(ボイル)のバスをシャローで発見したら、ミノーやクランクベイトを迷わず投げまくろう!バスはベイト狙って、結構、岸向いてるから、陸っぱりからはかがむ気持ちでアプローチ。

超シャローの爆釣

バスはシャローを、ホント、好んでいる。餌のベイトを追い込みやすいし寒い時は日差しで暖かい。隠れ場のストラクチャーも多い。底が見えるくらいのシャローにいる大きな見えバスを釣りたいけど、魚も釣り人をすぐ発見し警戒する。当然、釣れない。でも、風か吹いて、多少、波がたてばラッキー。水面がかき乱されて人影が見えなくなる。たぶん。。で、その見えバスが釣れる確率が高くなるというわけ。

ここにもバスはいる

水鳥が群生しているところ。オープンウォーターで水鳥がいる理由は、たぶん、この二つ。一つ目は当然エサ。二つ目は、ずばり「湧き水」。水温安定だ。つまり、暖かい。水鳥の下には湧き水がある可能性がある。そして、バスは湧き水を好む。これはバスのエサとなる小魚も好むから。特に寒い時はこのことを頭に入れておくように。

見逃すな

アシ(葦)ってバス釣りでは一級ポイントなんだけど、これはバサーの皆が知ってることで、見つけ次第、皆が攻めている。超ハイプレッシャー。一級ポイントにもかかわらず、結局、その日数人だけがイイ思いをするだけ。でも見逃している点がある。それは、アシの奥。こんな所までというくらいの奥。ある程度の水位(20cm程度)があればバスは以外といる。しかも大型が多い。攻め易いアシ際のプレッシャーを逃れているバス達だ。一投目でのバイトが多いから引っかかって嫌だと思わずやってみて!! そして、次に本題。群生しているアシではなく何気ない所にあるバラアシだ。単発でちょこんちょこんと生えている見逃しそうなアシや冠水植物。実はこれ一級ポイント!例えハイプレッシャーのポイント近くでも他を後目によく釣れる。人が多いときはこんなポイントを密かに探し釣る方が得策。おすすめルアーはスピナーベイト。

見えバス釣り(サイトフィッシング)

人の気配とルアーに慣れた釣れ難い見えバスを釣るには、そのバスがエサのベイトを追う瞬間まで待って初めてルアーを投げる。何度も投げてルアーにスレさせるよりも効果的。又、バスの真後ろにルアーを落としバタバタと激しいアクションをさせる釣り方も有効。使用ルアー&リグはジグヘッドがお薦め。お試しあれ!これはバスの死角突きで、スピナーベイトを後方よりバス目がけて引き通す(すぐ真横を)釣り方もある。

夜釣りの定義

ルアーはもちろんトップウォータープラグ。カラーは好みでOK。音を意識して操作する。そして、一発目でルアーの位置や存在をアピールさせるために着水音をデカく(程度による)する。ポイントは、外灯や月の光が当たっている明るい水面。

一発大物

例えばダウンショット。数釣り可能なんだけど釣れるのは比較的小バスが多い。使っているワームが小さいから小バスがヒットする確率が高くランカーサイズのバスがヒットする前に食ってしまう。ならどうしたらよいか?答えは簡単。ダウンショットにせよノーシンカーにせよワームをデカくするだけ。限度はあるがそれは使えるリグを考える。当然、ワームが大きすぎて食えないというバスがいてサイズアップのバスだけがヒットする。そのポイントに狙うサイズのバスがいなければ全然釣れない一発大物狙い的な要素はあるが「大きなルアーで大きなバスを釣る」って、当たり前の納得できることだと思う。尚、ハードのスピナーベイトでランカーバスが多く釣れるのはこの理由もある。

スレの原理

釣り場によっては定番ルアーと呼べる釣れるルアーがある。おそらく、自分も含め多くのバサーがそれを使う。皆が同じルアーを使っているのでスレて釣れないと思いきや誰かしらそれでも釣れるのはなぜでしょう?バスちゃんには悪いけど、バスはルアーを見切っているのではなく釣り人のアプローチの仕方を学習してる(でも次の日には忘れてる感じ)みたい。同じルアーでは、大体、皆同じリグや動かし方をする。となると、同ポイントでは釣れる確率は当然低い。皆とは違ったリグにするとか違ったアクションをさせている人の方が釣る確率が高い。
P.S. ルアーから発する「音」も重要。バスは音に興味をそそり発見する。但し、多用される人気ルアーの同音はバスにとってただの警戒音となる。

何が何でも釣りたい人のために

「スピナーを使え」。なんだと思う人もいるだろうが、バス釣りでは使わない人が多い。スピナーは予想以上の釣果を期待できる。場所によってはバス以外の魚もガンガン釣れる。ただ、釣れる魚の大きさは平均的に小さいようだ。でも、これを扱えるのはライトタックル。サイズ以上のファイトを味わえる。釣り方は着水と同時にファーストリトリーブ。もうただ巻くだけ。BIGレイクでも野池でもボツになる可能性は少ないと思う。

スプーン戦略

時としてスプーンは他の本格バスルアーをしのぐ威力がある。ベイトフィッシュを想定してミノーやシャッドを使っても釣れない場合がある。そんな時にスプーンはお薦め。

1. 出来る限りスプーンを大遠投する。
2. ポイントに落としたら底に着くまでラインを巻かない。
3. ロッドを利用しチョンチョンさせる。
4. ロッドをたてラインを巻く。
5. リール回転を止め再びスプーンを落とし込む。

以上の繰り返し。ここでのバスが釣れるという要素は、スプーンが底に着くまでのユラユラ感がいい。そして、ラインを巻き始める時のスプーンの動きで反射喰いを誘う。欠点は根がかりし易いこと。使用スプーンは5~8cm程度の細身。カラーは銀/青のツートン。野池ではチャート系。やっている人は少ないので、結構、釣れる。又、陸っぱりでも十分対応できる。

のんびりと

最終的にワームに頼るのならこんな釣り方はいかが?とにかく、投げたら何もせず待つだけ(静止させておく)。いっぷくするくらいの余裕でいい。釣ろう釣ろうと神経を集中させずに(コレ重要。魚は殺気を感じとる。それで釣れない。)風景でも眺めてあくびでもしてしまえ。何もしない時のワームの微妙な動きが良くて、結構、釣れる。「こんなバス釣りつまんねぇー」と思うなら、やはり、ハードルアー。豪快に投げて巻いて攻めるスタイルはカッコイイ。これぞバスフィッシング!!

イメージが大事

一度、泳いでいる餌のベイトフィッシュを観察するべし!例えば、ミノーの動きを自分がその目で見たベイトフィッシュの泳ぎ方にイメージ操作すればいい。

ゆっくりゆっくり

ランカーサイズのバスはスローな動きが好き。これは、かなり信じていい。ノーシンカーのズル引き、スピナーベイトのスローローリングが実例。

雨の日

音や波紋が目立つルアーで集魚力を高める。スピナーベイトが有名。

裏技

クランキングにおける○秘テク「キャロライナ・クランク」。通常のキャロライナリグと同じで、要はソフトルアー部分をシャロークランクに換えるだけ。7g程度のシンカーを装着したライトキャロがGood。リーダー(PEがお薦め)は20cm前後。操作方は、遠投してシンカーが沈むのを待ちながらゆっくり潜行させ底にシンカーが着底したイメージがつかめたらゆっくりとラインを巻き始める。何かに引っ掛かったら止めしばらく待ち障害物を回避。高速リトリーブは御法度。このクランキングの狙いは潜行レンジをより長く攻めることが出来ること。又、水温低下にともなう動きの鈍くなったバスに対してゆっくり攻めるクランキング。

発想の転換
ちょっとしたミノー改造術。後ろのフックをアイ(ラインを結ぶところ)にSETしてラインは外した後ろフック部に結び逆向きに泳がしてみよう!イレギュラーアクションをさせればよく釣れると思う時、この方法で簡単に出来る。実績として、ラパラのカウントダウン7cm等がお薦め。釣り方は、ちょんちょんとした後止めてミノーをゆらゆらとさせる。そして、ゆっくり巻く。これの繰り返し。

これでも釣れるかも

スプリットショット・ミノー
スプリットショット・リグにしてミノーをイレギュラーアクションさせて釣る狙い
ジグスピナー + ラパラ
ジグスピナーのブレードでアピール度をアップさせる
バイブレーション + ミニチューブ
フック全てにチューブをSETすると釣れるらしい
ショートリーダーのダウンショットリグ
リーダーを2~3cmという短さにするとシンカーがブラブラし振動が出て魚の好奇心をあおる
ジグスピナー + ラバージグ
ジグスピナーのブレードでアピール度をアップさせる
ワームの房がけ
小型のストレースワームを何本もフックにつける
スピナー + ワーム
比較的アベレージが小さいフィールドで効果大

季節別での釣り方

春、夏、秋、冬。それぞれの季節でバスがどんなところにいて、どういう行動をするのか?
それぞれの季節でのポイントや効果的な釣り方を紹介します!!


早春や晩秋の水温がおよそ10℃以下で他のルアーでは反応が鈍い時、ミノーだけを食ってくる場合がある。タイプは水中でピタっと静止できる「サスペンド」。フローティングタイプで釣れる時は他のルアーでも釣れる。そして、春はあまり潜らないミノーでも食ってくるが、それは、バスがそのミノーの水深にたまたまいるから。でも、やがて釣れなくなる。そしたら、バスのいる他の水深までミノーを潜らせてやる。動かし方は、基本、トウィッチング。リーリングしながら2回あおって止める。

豆知識

『 Kill The Shad 』について。これは、小魚を弱らせたり死なせたりする早春に発生する気象変化のこと。岸際で死んでいる弱って泳いでいるベイトを多く発見したら この状況の可能性がある。こんな時はサスペンド・ミノーの激しいジャーク。



冬の反対で涼しいところにバスはいる。流れ込みや桟橋下、植物がオーバーハングしたところ。広いフィールドで言うと、河川や溶酸素量が安定している高地の「山上湖」もいい。朝夕はトップウォータープラグが断然Good。日中はノーシンカーのスローアクション。



基本的な話。秋のバスは冬に備えてベイトを盛んに追い求め行動範囲が広くなる。食い気があるのでよく釣れると思いきや実際はポイントが絞りづらくなかなか釣り難しい。そして、そのうちご存知「ターンオーバー」が加わる。ただ、釣れない理由をターンオーバーのせいにするのはどうかと・・・。使用ルアーは広範囲を探れるスピナベ、クランク、バイブレーションなど。



真冬の低水温時に底に着いているのは小バス。日中、でかバスはシャローにいて日当りのいい暖かい場所にいる。40cm弱サイズのバスはシャロー&ディープどちらにもすぐ行ける中間の場所いる場合が多い。冬は目の前を通るルアーにしか反応しないので、効果的なルアーはサスペンドタイプのシャッドがお勧め。前傾姿勢でピタッと止まって、キビキビした動きがいい。

冬釣り特集

ジグヘッド

イモ虫系の太めワーム(イモグラブ、フレンチフライ、4インチグラブ、クリンクルカッツ、チューブワーム、バスボックリ etc.)を使用し遠投してラインスラッグをとらずにそのままフォーリング。しばらくしてから超ゆっくりラインを巻き始める。ストラクチャーがあれば、当然、何かに引っ掛かるので(力を加えればそのまま根掛かりしてしまうので注意!)手応えを感じたらその場でシェイクするかしないかの微小なアクションを与える。一連の動作は、じれったいくらいの超スロー。特にウィードエリアが有効。

スプーン

水温5℃以下でまだまだサスペンドミノーでは早いと思う時、冬バス釣りの定番「メタルジグ」でのリアクションバイト狙いの他にスプーンでの横引きも有効。ディープ狙いが基本なので比較的重量のあるものを選ぶ。メタルジグと違い陸っぱりでも使用可能。

スピナーワーム

「スピナー+ワーム」。一般的に多用されるメタルジグの代わりに使ってみよう。底釣り前提なのでベースのスピナーは重め。各フィールドの状況で使い分ける。トリプルフックを2/0以上のオフセットフックに交換。トレーラーは好みでOK(お薦めはビッグワーム)メタルジグと同様に根気よくシャクってみよう。


バス釣りが上手い人=バスの居場所がわかる人


バス釣りが「上手な人」「下手な人」の大きな違いとは
ロッドテクニックなどの技術的な面よりもむしろ、バスが1年を通してどういう習性を持ち季節ごとにどういう場所に居てどういうルアーに反応するのか、ということが頭に入っているかいないかの違いでしょう。

バスのいない見当ハズレな場所にキャストして、そこでどんなにロッドテクニックを駆使してもバスは釣れないでしょう。
しかし、バスの居場所やコンディションを把握している人ならば居場所を探り、それにあったルアーをチョイスして、たとえズル引きであろうと釣り上げてしまうはずです。

大切なのは敵(バス)を知ることなのです。


TOP